パナソニックの美容家電に感動!5秒で泡立つ濃密泡エステ

シェアしていただけると励みになります!

パナソニック濃密泡エステEHSC50

洗顔は肌をきれいにする上では、基礎中の基礎という話はよく耳にします。歯磨きで例えると、きれいになったと思っても、実は汚れが落とせていないという事がよくテレビなどでいわれています。私自身の普段の洗顔では、歯磨きと同じように、きちんと洗顔できているのかな?と自信が持てませんでしたが、濃密泡エステを使ってみて電動ブラシを使ったような、きちんと洗えているという感動がありましたので、レビューします。

SPONSORED LINK
アドセンス

CMでよく見るモッチモチの泡がたった5秒で作れる

私の場合、普段の洗顔は優しくしているつもりでも、ついゴシゴシ洗いをしてしまいます。ネットで泡立てても CMでよく見るようなモッチリしたような泡が作れない。泡が少ないのでついつい洗顔時にゴシゴシしていました。そこでタイトルにもあるように、5秒で泡立つ濃密泡エステを使用してみました。

濃密泡エステで作った泡

普段使用している泡立てネットで泡立てたのとは、格段に違うホイップクリームみたいな濃密泡があっという間に出来ちゃう。
顔を包み込みながら優しく洗うとぷりぷスベスベな肌!
しっかり毛穴の汚れも落としてくれるのを実感。洗い上がりは肌がいつもよりクリアになった気がしました。

毎日のお手入れも楽しくなりそう。
出典 : @cosme

泡で洗顔ができる

いつもの洗顔では得られない感触が、濃密泡エステで簡単に作れて感動しました。高級感のあるモッチリ泡ができますので、手でゴシゴシ洗顔していたのが、泡で優しく洗えます。私はオヤジですから エステとか行った事は無いので分かりませんが、エステってこんな気分なのかな?と思いました。(笑)

泡立つオヤジ

濃密泡エステで泡立つオヤジ

洗顔後はしっとり

今まで、手でゴシゴシ洗顔していたオヤジは、泡で洗顔したことが無かったので、なんか肌がしっとりしている感じがしました。(オネエではない)使ってみて分かりましたけど、やはりオヤジでもはだのケアは大切です。濃密泡エステがありますので、これからも優しく洗顔したいと思います。(オネエではない)化粧の乗りもよくなりそうです。(笑)

週に1回のブラシ洗顔

ブラシ洗顔は毛穴の汚れや古い角質のケア用で、週に1回・1分以内の使用で。

ブラシアタッチメントの画像

○ロ○クティブなんかの宣伝でブラシで洗顔しているCMを見て、タワシでゴシゴシ洗うイメージがあって 大丈夫なのかな?って思ってましたが、このブラシが極細でとても柔らかい毛なので、肌あたりもよくてとっても気持ち良かったです。ゴシゴシする必要はありません。やさしく肌に滑らせるような感じでも充分な気がします。

鼻の毛穴の汚れがきれいになった

いままで鼻の毛穴にできた汚れが気になってましたので、汚れを絞りだしていました。(笑)このブラシアタッチメントで毛穴のふちが丸く汚れていたのが大分きれいになったので、今後使い続けることで毛穴が小さくなることを期待します。

温感で肌に優しいメイク落としができる

私はオヤジなので化粧をする訳ではありません。オネエでもありませんので^^; オヤジ達には関係ない機能ですが、女性にはうれしい機能なんでしょうね。

温感メイクオフのレビュー

以上の理由で、私には温感メイクオフの使用感が分かりませんので、レビューを見てみました。

アットコスメのモニターで数週間使わせていただきました。
メイク落としは自分のメイク落としを顔につけて温まったヘッドを押しあてて落とすのですが、なかなか温まらずモヤモヤします(笑)
泡洗顔は自分の手持ちの洗顔フォームを入れて使えるのでいいですよ。
ただ、ヘッドが大きすぎて目や鼻の穴に入りちょっと不快でした。
週一度の洗顔ブラシは結構痛かったです。
その後の化粧水もしみたので私にはあまり合わなかったかな。
泡洗顔自体はよかったので改善されれば買ってもいいかな。
出典 : @cosme

一度試してみたら このレビューにある通り、使いたいときにパッと温まることはないですね。私には関係ありませんが、毎日使う女性にはちょっとストレスになるかもしれません。

楽天最安値価格:11,790円(税込、送料込)

SPONSORED LINK
アドセンス
楽天336×280

シェアしていただけると励みになります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>